広島大学歯学部の国際プログラム

International Dental Course

広島大学歯学部は、「アジアに根ざした歯科医学・口腔健康科学の教育研究国際拠点」構想を打ち出し、10年以上にわたり戦略を追求しています。歯学部教職員全体で「学生および教職員の国際感覚の醸成のために何が有用か」、「連携とは何か」、「グローバル化対応力を強化するためには何をすればよいのか」、「アジアにおける歯科医学・医療の指導的人材とネットワークの育成のために何ができるのか」という課題に取り組んでいます。

2011年4月には、さらなる展開の一環として「国際歯科医学連携開発学分野」の研究室を誕生させました。このホームページを通して、広島大学歯学部の国際連携に関する取組みを紹介します。